お金が貯まる方法 銀行口座使い分け編

お金が貯まる方法,人

お金の貯め方がわからない場合にはまずお金が貯まる方法として銀行口座の振分けから行うようにすると、 分かりやすく支出を管理してお金を貯めることが出来るようになります。 銀行口座の使い分けを何に使うのか?というと、 1つの銀行口座は光熱費や携帯代金、ローンなどの支払い用口座に設定します。

もう1つ持っている銀行口座には貯金などの口座として使用するようにします。 とりあえず最低でも2つの銀行口座を持って、

支払い用と貯金用に分けて使うようにしましょう。 そうするとお金の貯め方としては銀行口座もそれぞれの役割に分かれますので、

とても分かりやすくお金を貯めたり、節約したりすることが出来るようになります。

貯金用の銀行口座は給料が振り込まれる口座である事が大切です。

上記でもお伝えしたように『2つの銀行口座で使い分ける事で目的も分かれ管理しやすくなりますよ。』 とお伝えしましたが、

貯金用の銀行口座はお給料が振り込まれる銀行口座になっていることが大切です。

給料が振り込まれる銀行口座がまったく別の銀行口座になっていると貯金用と支払い用と2つもお給料を振分けなければいけなくなってしまうからです。 なので給料の振り込まれる銀行口座を貯金用の銀行口座にして、 給料などが振り込まれない後もう1つを支払い用の銀行口座にしてみましょう。

そうすると銀行口座も最低2つで済みますので管理も簡単にする事が出来ます。

支払い用の銀行口座はネットバンクがおすすめ

支払い用の銀行口座を持っている場合には、既存の物を使って大丈夫なのですが、 銀行口座を一つしか持っていない人や支払い用の銀行口座をどれにしようか迷っている人におすすめ出来る銀行口座があります。

別に営業ではありませんが、 SBIネット銀行はおすすめできますね。 SBIネット銀行はインターネットを使用して、銀行口座を管理する事が出来るネットバンクです。 月3回まで振り込み手数料無料の特典もついていますので、 支払い用の口座として十分役に立ちます。

支払いを振り込みでしなければいけない時にはインターネットでSBIネット銀行のサイトから手続きをする事も出来ますので、

昼に振り込みの手続きを出来ない人などは特に重宝する機能になるでしょう。

またセブンイレブンからいつでも手数料無料で預け入れや引き下ろしが出来ますのでかなり便利です。

手数料などを節約しながらお金が貯まる方法を実践できます。

支払い用の口座を持っていない場合などにはSBIネット銀行の口座を使ってみましょう。

2つの銀行口座を使ったお金が貯まる方法

2つの銀行口座が用意出来たら後はしっかりとお金を貯めるだけです。 お金が貯まる方法として一つ有効な方法があります。 それはクレジットカードでSBIネット銀行に口座振替指定して使用する事です。 クレジットカードには支払い用に使うとお得なポイントが貯まる使い方も存在します。

電話代金や携帯電話料金など電話関係の支払いには電話会社用のクレジットカードを使用する事で割引制度を受ける事が出来る可能性もあります。 該当の電話会社のクレジットカードを調べてみましょう。

クレジットカード会社からの引き落としを支払い用の口座に指定する事で全ても一元的に管理する事が出来ます。 このように支払い用口座をうまく指定しながらクレジットカードを使用するお金の貯め方は細かくお金を貯めていく時に有効に働く事があります。

割引制度とポイント特典の付いているクレジットカードがあればそれを作って支払い用に使う事で十分に節約しながらお金を貯める事が出来るようになります。 割引制度とポイント特典が揃っているクレジットカードを探してみましょう。

今回は小さくコツコツしたお金の貯め方をご紹介しましたが、

日々このやり方に変えるだけでしっかり節約している事になりますので必ず2つの銀行口座で使い分けるようにしてみましょう。

お金が貯まる方法 銀行口座使い分け編の記事を読んだ人は他にもこんなページを見ています。


サブコンテンツ

このページの先頭へ