織田信長 桶狭間の戦い時の戦略

織田信長の桶狭間の戦いは奇襲攻撃からの大勝利だった

織田信長の桶狭間の戦いでの戦略はあえて今川義元本隊に少数の兵力で桶狭間山で戦うことでした。

織田信長は陽動作戦、物見(情報屋)、大雨などを利用し、桶狭間山という場所で今川義元本隊にこっそりと気づかれないように近ずき、 奇襲攻撃を仕掛けたのではないかと言われています。

 

当時織田信長勢2000~5000くらい兵数に対して今川義元勢2万5000~4万5000と定説で言われています。

詳細な兵数は文献ごとにばらばらと違いはありますが、どちらにしろ兵力としては圧倒的な差があります。

桶狭間の戦いの説の中には正面から織田軍と今川軍が戦い、今川義元が討ち取られたとの記載もありますが、これは奇襲説に比べると可能性としてまずありえません。

事実記録には桶狭間合戦の前に松平元康(徳川家康)勢に砦を2つ落とされ、その他にも今川勢に砦を落とされていることから

普通に戦っては不利だと考えられるようなことが文献に記載されています。

桶狭間合戦後、織田信長が一番の報酬を与えた人物は今川義元を討った武将にではなく、物見の中の今川義元がどこに位置しているか?正確な情報を流した者に与えたということが書かれている文献も存在します。

それだけ織田信長は当時、戦場の状況を詳しく知るために物見を各場所に走らせていたと推測されています。

大将の今川義元に正面攻撃を仕掛けて討ち取れることはほぼないでしょう。今川義元も馬鹿ではないのでさすがに攻めてきたら数的有利な状況を利用するはずです。織田信長は数で不利な状況を覆すべくバレずに近ずく方法を模索していたのではないかと考えられています。

織田信長は家老に旗を持たせ目立つように装飾させ狭い一本道で陽動作戦を展開したとも考えられています。その間に織田信長は精鋭を引き連れて今川義元本隊の場所に大雨を利用し、静かに移動したというのが定説としては正しいと見受けられます。

 

 

織田信長の桶狭間の戦いでの戦略 ポイントまとめ

icon-check01-red織田信長は数的不利を覆すために、奇襲作戦を決断した。
icon-check01-red織田信長は桶狭間合戦時、物見を多用していた。
icon-check01-red織田信長は大雨を利用し、今川本隊にこっそりと近づいた可能性が高い。

サブコンテンツ

Ads by Google

<

このページの先頭へ