織田信長 長篠の戦い後

織田信長は長篠の戦いで武田家を事実上壊滅させたことから足利義昭が展開した信長包囲網の主力を破ることに成功する。 織田信長は武田騎馬隊を壊滅させたことにより織田家の部隊の屈強さや 天下人として誰が相応しいかを世に知らしめる結果となった。 この長篠の戦い後、同年には越前侵攻も行い本願寺勢力に対する対応も行うことになる。 当時の天皇からは官位を受け取るように織田信長に命じるが織田信長はこれを拒否し、代わりに家臣に官位を受けさせることを提案する。正親町天皇はこれを受け織田信長の家臣に官位を与えることを許可した。 一方今まで織田信長と戦った大名家はことごとく滅んだ。 武田勝頼率いる武田家もその中の一つであり、長篠の戦い後に滅ぼされ、 徳川家康に高天神城も奪いかえされてしまう。 一方織田信長は戦国最強と言われていた武田騎馬隊を自らの 戦法で打ち倒したことでさらなる織田家の繁栄に力を注ぐことができるようになる。 織田信長はこの三段射ち戦法で武田騎馬隊に壊滅的な打撃を与えることに成功し、 当時の戦の概念をことごとくうち壊した。

長篠の戦い後の武田勝頼

長篠の戦いで武田勝頼は「織田軍鉄砲隊」の攻撃で騎馬隊が 壊滅的な打撃を受けたことを知り、退却する。 この時に内藤昌豊・馬場信春は退却時に武田勝頼を逃がすべく織田軍の追撃部隊と戦い討ち死にした。 武田勝頼は長篠の戦いで名のある武将をことごとく討ち死にさせ敗走し、帰還する。 大量の軍勢と有能な家臣を失なった武田家は急速に勢力を失い 長篠の戦い後に滅びる結果となってしまった。

織田信長の長篠の戦い後 まとめ

  • 長篠の戦い後、織田家の家臣も正親町天皇から官位を与えられた。
  • 武田勝頼は長篠の戦い後に滅びた。
  • 織田信長包囲網は長篠の戦い後緩む結果となる。
  • 織田信長と共闘した徳川家康は高天神城を取り返した。
サブコンテンツ

Ads by Google

<

このページの先頭へ