織田信長 金ヶ崎の戦い

金ヶ崎の戦いは西暦1570年(元亀元年) 織田信長と朝倉義景の間に起きた戦いである。

金ヶ崎の戦いでは3万の戦力を備えた織田信長軍が圧倒的に有利とされていた。ただの朝倉討伐の戦であったが、

織田軍の後方に出陣していた浅井長政が突如反旗をひるがえし、織田軍は裏切られ朝倉・浅井軍から前後方から挟まれる形となり撤退せざるおえなくなった。

この時織田信長はわずか2日で京まで撤退することに成功しており、迅速な撤退の決断と織田軍の殿軍の完成力から織田信長は晴れて生還することができたのである。

この時浅井・朝倉両軍は殿軍に配置されていた木下秀吉(豊臣秀吉)の1300程度しか討ち取ることができずに金ヶ崎の戦いを終しまった。

その後姉川の戦いで織田信長と浅井・朝倉両軍は対じすることになる。

金ヶ崎の戦いは織田信長最大の負け戦であるとも言われいる。
織田信長はなぜ金ヶ崎の戦いを決意したのか?

金ヶ崎の戦いの原因は上洛に成功した織田信長が朝倉家に対した京から上洛命令を数回通告したにも関わらず、朝倉義景がその命令に従わずに上洛を拒否したため打倒朝倉家の軍勢を上げる。この時同盟主でもある徳川家康も打倒朝倉家の軍勢に参戦しており、合わせて織田家は3万程度の戦力を揃える結果となってしまった。当初は金ヶ崎戦で裏切った浅井長政も織田軍に従軍する形で賛同していた。

 

織田信長は金ヶ崎の戦いの前に幾つもの朝倉家の拠点を攻略しています。金ヶ崎城に着くまでは織田家が圧倒的に有利な戦いをしていたのですが、一人の武将(浅井長政)が裏切ることで形勢を逆転されてしまいます。

この時に数名の織田家武将が織田信長の撤退を手助けしており、この有能な家臣たちも織田信長と一緒に出陣していました。

金ヶ崎の戦いに出陣した武将一覧

  • 織田信長
  • 徳川家康
  • 木下秀吉(豊臣秀吉)
  • 池田勝正
  • 松永久秀
  • 飛鳥井雅敦
  • 日野輝資

など計3万人の武士たちが集結したと言われている。

朝倉義景の軍勢

  • 朝倉 義景
  • 浅井長政

金ヶ崎の戦い当初浅井長政は織田信長の従軍であり、織田軍本隊の後方に位置していたと考えられている。

金ヶ崎の戦い後の織田信長

サブコンテンツ

Ads by Google

<

このページの先頭へ