織田信長 長篠の戦い前

織田信長は姉川の戦いで朝倉・浅井家を破り天下統一への覇道を突き進んでいた。
美濃を平定した後織田信長は京に上洛していたが
足利義昭から各国に、信長包囲網と呼ばれる謀略で織田家を抑圧する動きをとられていた。

この信長包囲網に共鳴するように武田軍が進撃して来る。
これを受ける徳川家康と織田信長は各国に包囲された状態で長篠の戦いに参戦することになる。

徳川家康は長篠の戦い時に織田信長に援軍を要請し、織田信長自ら3万の援軍兵を引き連れて
岐阜城から徳川家康の救援に出向いた。
織田信長は長篠の戦いの前に徳川家から鉄砲の名手を招集し、鉄砲隊の一員として組み入れた。
織田信長は当時の種子島から仕入れた鉄砲を約3000程度取り入れ柵や土塁を作り、

その後ろに鉄砲隊を配置し、当時戦国最強と言われていた
武田騎馬隊を長篠設楽原で迎え討つ戦略を実行した。

ここに織田・徳川連合軍3万8000
武田勝頼率いる武田家1万5000
長篠・設楽原の戦いが始まる

 

織田信長と長篠の戦いで戦う前の武田家は高天神城を陥落させた

武田家は長篠の戦い以前に徳川家康が支配していた高天神城を攻撃していた。
武田信玄もこの高天神城を攻め落とすつもりでいたが中々落とせず苦戦していた。
その後武田信玄が病気で死去すると武田勝頼が後を継ぐことになる。

武田勝頼はこの高天神城を落とすことに成功し、父・信玄が落とせなかった
高天神城を落としたことで家臣に自分の方が有能な主将であると証明することができ慢心していた。
この後から家老の言うことを聞かなくなったと言われている。
その時から数人は武田勝頼のことを不快に思う家臣もいたと言われている。

武田勝頼は高天神城を落とした勢いで長篠の戦いも勝利したかったのではないだろうか。
長篠の戦いの直前に数的不利な状況も見られることで、
家老からは一旦退却するように考案されたが武田勝頼はこれを断り、
長篠の戦いで総攻撃に出ている。

武田勝頼は長篠の戦い以前に高天神城を落としたことで勢いずいていたと考えらる。

 

織田信長の長篠の戦い 概要まとめ

  • 長篠の戦いは1575年6月29日(天正3年)の出来事である。
  • 織田信長は長篠の戦い前に鉄砲隊に力を注いだ
  • 徳川軍は長篠の戦い前、高天神を武田軍に落とされた。
  • 織田信長は長篠の戦い前に各国から信長包囲網を敷かれていた。
サブコンテンツ

Ads by Google

<

このページの先頭へ