織田信長の長篠の戦い 

織田信長の長篠の戦い

武田軍1万5000
織田・徳川連合軍3万8000が
長篠・設楽原に布陣する。

織田信長は長篠の戦いの前に徳川家から鉄砲の名手を招集し、鉄砲隊の一員として組み入れていた。
織田信長は長篠の戦い時鉄砲を
約3000程度取り入れ柵や土塁を作り、その後ろに鉄砲隊を配置し、当時戦国最強と言われていた
武田騎馬隊を長篠・設楽原で迎え討つ戦略を実行した。
長篠の戦いの当日は季節が梅雨であったにも関わらず、鉄砲を使用できていることから
織田信長は天気が晴れになるのを待っていたのではないかと考えられる。

主将である武田勝頼は落とし損ねた長篠城の警戒に約3000程を配置し、
残りを織田・徳川連合軍本体に向け突撃を決める。
これに対し織田信長は鉄砲を3000程用意三段射ちと言われている戦法を採用した。
武田勝頼は家臣から一時撤退するべきと進言されたがこれを蹴り無理矢理突撃を決定する。

長篠の戦いで織田信長の鉄砲隊に破れた武田軍

武田騎馬隊は第1部隊、第2部隊と次々と織田軍の陣に突撃を開始したと言われている。
そんな武田騎馬隊は織田信長の鉄砲隊の前に大半が討ち死にし、大敗北を決する。
戦況を知った武田勝頼は慌てふためき撤退する。

わずかな旗本に守られながら武田勝頼は本国に帰還するが、
この長篠の戦いで武田勝頼は武田信玄がいた頃から配下であった大量の兵と家臣を失なったことから武田勝頼はその後滅亡することになる。

武田家は勝頼の指示から大敗北を喫して戦国最強と謳われていた武田騎馬隊は終焉を迎えることとなる。

織田信長はこの長篠の戦で優れた武将は必要なく、数と戦略で戦を制する近代的な結果を収めることに成功した。

織田家はこの長篠の戦いを得て天下で最強の大名である。ということを全国の大名に知らしめるには十分な結果だったといえよう。

織田信長の長篠の戦いまとめ

  • 織田・徳川連合軍は鉄砲隊を中心とした戦略を採った
  • 武田騎馬隊は突撃を中心とした戦略を採った
  • 織田信長は当時戦国最強と言われていた武田騎馬隊を三段射ちの鉄砲隊で壊滅させた。
  • 長篠の戦いで武田勝頼は壊滅的な大敗北を喫し、本国に撤退した。
サブコンテンツ

Ads by Google

<

このページの先頭へ