織田信長は稲葉山城の戦いで美濃三人衆から密告を受ける

西美濃を守る守備陣の稲葉3人衆【稲葉一鉄(良通)、安藤守就(道足)、氏家ト全(直元)】が織田信長側に寝返り美濃全体を巻き込んだ稲葉山城の戦いの形勢が急展開を迎える。

織田信長軍はこの離反に乗じて一気に美濃攻略のために猛攻を仕掛けた。

東側で木下藤吉郎(豊臣秀吉)の一夜城伝説で有名な墨俣城が建設され、斎藤家側は東側を警戒する。
その最中に離反した稲葉3人衆の部下に手引きしてもらい、織田信長軍本隊は西美濃から猛攻を仕掛ける。
一方斎藤龍興側はこの軍勢を敵か味方か判断することができずに対応が遅れてしまう。
この隙に織田信長は迅速に城下町まで攻め入り美濃を完全攻略するため

その後も稲葉山城を完全に包囲する陣形を整える。

この瞬間に稲葉山城の戦いは急速に傾き、
稲葉山城を包囲した陣形を前にして斎藤龍興はたまらず降伏してしまい、稲葉山城は織田信長の主城になった。
織田信長は稲葉山城の戦い後、稲葉山城を岐阜城に改名

織田信長は稲葉山城を改め岐阜城と改名し自分自身の居城とする。
織田信長は祈願の美濃攻略を約8年の歳月を費やし等々天下統一への明確な道標を得る。
織田信長は美濃平定後に天下布武や楽市楽座などの政策を積極的に行い、

現在でも使用されている判子を押す文化なども誕生させた。

この岐阜城を手に入れたことで織田信長いや織田家は急速に勢力を拡大するための領地を得て

京へ上洛することになる。

織田信長の稲葉山城の戦いと美濃攻略 まとめ

icon-check01-red稲葉山城の戦いは稲葉三人衆の裏切りで急展開を迎える
icon-check01-red豊臣秀吉の一夜城は伝説として扱われている
icon-check01-red織田信長は稲葉山城を岐阜城へと改名した。

サブコンテンツ

Ads by Google

<

このページの先頭へ